アイルトンセナ 死因
05.03.2021

音速の貴公子 アイルトン・セナ 写真特集


アイルトン・セナ・ダ・シルバ (Ayrton Senna da Silva, 年 3月21日 - 年 5月1日 )は、 ブラジル人 の レーシング・ドライバー 。 F1世界選手権 において、 年 ・ 年 ・ 年 と、計3度 ワールドチャンピオン を獲得した。. 時代を代表するドライバーの1人とされ、特に計65度の PP 獲得数は、年に ミハエル・シューマッハ に更新されるまで歴代1位だった。 アラン・プロスト 、 ネルソン・ピケ 、 ナイジェル・マンセル とは、 年代 から年代前半のF1を象徴する存在として、「 四強 」「 ビッグ4 」「 F1四天王 」などと纏めて呼ばれることもある。特にプロストとの ライバル 関係が知られ、日本では2人の争いが「 セナ・プロ決戦 」「 セナ・プロ対決 」などと呼ばれた。. 異名には「 Genius (天才)」「 マジック・セナ 」などがあり、若手時代には「 ハリー 」の 愛称 でも呼ばれた。 日本 では、 カジ旅 が実況中継で使用した「 音速の貴公子 」がよく知られている。.

セナは多くの投票で「史上最高のF1ドライバー」や「史上最も影響力のあるF1ドライバー」に選出されている [1] [2] [3] [4] 。. マクラーレン・オートモーティブ が製造している「 セナ 」の由来にもなっている。. アイルトン・セナ・ダ・シルバは、 サンパウロ 市のサンタナ地区にあるプロマトレ産科病院で生まれた [5] 。セナは 地主 で工場経営者でもある資産家ミルトン・ダ・シルバとその妻ネイジ・セナ・ダ・シルバの長男であり、姉のヴィヴィアーニと弟のレオナルドという 姉弟 がいた [6] 。. セナは人生の最初の4年間を母方の祖父ジョアン・セナが所有する家で過ごした。彼は優れた運動神経を持った子供であり、 体操 やその他のスポーツを得意とした。自動車とモータースポーツに興味を持ったのは4歳の時だった。一方で、幼少時のセナには運動協調性の問題があり、3歳になった時点でも階段を登ることが苦手だった。そのため 脳波 図(EEG)を調べたが、まったく異常が無いことが確認された。両親はセナを「ベコ(Beco)」という ニックネーム で呼んでいた [7] 。.

セナが7歳の時、家族が所有する農場で初めて ジープ を運転し、クラッチを使うことなくギアチェンジすることを覚えた [8] 。セナはサンパウロのイジェノポリス地区にある カレジオ・リオ・ブランコ ( ポルトガル語版 ) を年に卒業し、その後は 経営学 に特化された大学に進学したが、3ヶ月通った後に退学した [9] 。. セナに与えられた初めての レーシングカート は父ミルトンが自作したもので、1 馬力 の小さな芝刈り機用エンジンを載せていた。セナが13歳の時、 インテルラゴス・サーキット で初めてレーシングカートの競技会に参加した [10] 。セナは先頭から初レースをスタートし、自分より数歳年上のライバルたちを相手にレースの大半をリードして見せたが、最終的にライバルの1人に接触されてリタイアした。父ミルトンは息子のレース活動をサポートし、セナの才能を認めるルシオ・パスカル・ガスコンがその成長を助けた [11] 。. セナは年に南アメリカ・カート選手権を制した。その後、セナは 年 から年にかけて 世界カート選手権 に参戦し、年と年にはシリーズランキングで2位となった [12] アイルトンセナ 死因 テリー・フラートン ( 英語版 ) は、のちにセナによって最も対戦を楽しめたライバルとして名前を挙げられている [13] 。また、年には当時の日本国内カートレースの最高峰「ジャパンカートレース(ジャパンカートグランプリ)」に参戦するために来日し、4位入賞した [14] [注釈 1] 。団体戦では増田二三四・平野晴男とともに5位に入った。 年 のシーズンオフには、幼馴染のリリアンと結婚した。.

しかしレースへの情熱は冷めがたく、ブラジルでの生活を強く希望した妻リリアンと両者合意の上で離婚し、年2月に単身で再度イギリスに渡った [17] 。年シーズン、セナはフォーミュラ・フォードに転向し、イギリス選手権とヨーロッパ選手権でチャンピオンとなった [18] 。年のフォーミュラ・フォードはF1の前座として開催されることも多く、セナは5月に ゾルダー で ジル・ヴィルヌーヴ の死亡事故を目の当たりにし、数ヶ月後の ホッケンハイム でも ディディエ・ピローニ の大事故に居合わせた [19] 。. また、初めて F3 規格で開催された マカオGP に セオドール から参戦し、2ヒートを連取して優勝した。この年のマカオGP予選でセナが記録したタイムは、年に ミカ・ハッキネン と ミハエル・シューマッハ が更新するまで、7年にわたりコースレコードであった。. なおセナがイギリスF3王者・マカオGP優勝者となったときのマシンはいずれも、 トヨタ・2T-Gエンジン を搭載していた [21] 。. 当初、F1へステップアップする際に ブラバム と交渉したが、当時在籍していたブラバムのエース、ネルソン・ピケが反対したため実現しなかったとされる [22] 。その後、複数チームとの交渉を経て トールマン からF1デビュー。初戦 ブラジルGP は アイルトンセナ 死因 トラブルでリタイアしたものの、第2戦 南アフリカGP で6位に入り、初の入賞を記録した。大雨でハーフレースとなった第6戦 モナコGP では、予選13位から追い上げ2位でフィニッシュ。自身とトールマンに初の表彰台をもたらすと同時に、自身初の ファステストラップ を記録した。.

第10戦 イギリスGP ・最終戦 ポルトガルGP でも3位に入り、計3度の表彰台を経験。また ティレル 勢の記録抹消に伴い、7位で完走していた第3戦 ベルギーGP アイルトンセナ 死因. マシントラブルやF1での経験不足から安定した結果は残せなかったが、第8戦デトロイトGPでの予選7位、第9戦ダラスGPでの予選6位から一時4位走行等、ドイツGPでの一時5位走行など、市街地コースを中心に速さを垣間見せることとなった。リタイヤは8回を数え、第4戦 サンマリノGP でF1キャリア唯一の予選落ちを喫したが、それでもランキングでは ロータス の ナイジェル・マンセル と並び9位に入った。. シーズンの途中で翌年からの ロータス 移籍を発表するが、トールマンとは3年契約を結んでいたため二重契約として問題になった。結局はロータスとセナがトールマンに違約金を支払い、セナ自身に1レースの出走禁止の処分を課すことを条件に翌年からのロータス移籍は実現した。この影響でセナは第14戦 イタリアGP で ピエルルイジ・マルティニ にシートを明け渡した。実質上の代役は ステファン・ヨハンソン であるが、イタリアGP後怪我で出走出来ない ジョニー・チェコット の代役の座に移った。そのためイタリアGPのみヨハンソンがカーナンバー19のセナのマシンに乗っている。.

また、この年にはF1とスケジュールが重ならなかった 6月15日 の WEC 第4戦 ニュルブルクリンク kmレースに ヨースト・レーシング の ポルシェ・ ( アンリ・ペスカローロ 、S. 当時名門に数えられていたロータスに移籍し、F1通算16戦目となる第2戦 ポルトガルGP で自身初のPPを獲得した。豪雨となった決勝でもスタートから終始トップを走行し、2位の ミケーレ・アルボレート に1分以上の差をつけ、3位以下は全て周回遅れにする独走でF1初優勝を果たした。しかしシーズン前半は安定感に欠け、入賞レースはポルトガルGPのみだった。一方で、セナの速さはFLや連続PPなどの記録として表れ始めた。. シーズン後半には決勝レースでの結果も安定し、第10戦オーストリアGPから5戦連続で表彰台に立つ。特に、雨となった第13戦 ベルギーGP では、予選2位からスタートでトップを奪い、以後ゴールまで独走というポルトガルGPと類似した展開で自身2勝目を挙げた。マシントラブルやガス欠などにより、予選でのPP7回に対し優勝は上記の2回のみとなったが、シーズン後半に安定してポイントを積み重ねたことで、ロータスのエースだった エリオ・デ・アンジェリス を上回るランキング4位となった。. シーズン終了後にはデ・アンジェリスがブラバムに移籍し、ロータスのチームマネージャーである ピーター・ウォー はその後継ドライバーとして デレック・ワーウィック を加入させたいと考えていたが、セナはこれに反対し「チームの資金を補うために1カー体制にすべき」と希望していた。イギリスのチームであるロータスに同国籍のワーウィックが加入した場合に、チーム内での自分の立場が危うくなると感じての行動であったという説もあった。結局後継のドライバーはF1ルーキーの ジョニー・ダンフリーズ となった。.

予選では前年を上回るシーズン16戦中8度のPPを獲得するも、優勝は前年同様2勝に留まった。また ウィリアムズ ・ ホンダ 勢との争いで苦戦を強いられたことで、ホンダエンジンの獲得を希望するようになった。. セナの要望を受けピーター・ウォーはホンダエンジンの獲得に成功し、チームメイトにホンダと縁の深いF1ルーキー・ 中嶋悟 が加入。しかし実戦に投入した開発途上の アクティブサスペンション [注釈 3] に不具合が多発し、苦戦を強いられる結果となった。それまでの2年間多数獲得していたPPも、この年は第2戦サンマリノGPのみに留まっている。それでも市街地で行われた第4戦 blackjack ・第5戦デトロイトGPでは、タイヤの磨耗が少ないというアクティブサスペンションの利点を生かし、タイヤ無交換で走り切り2連勝を果たすが、以後はシーズンが進むに従って成績が下降していった。. 第7戦 アイルトンセナ 死因 では3位となり、4位に入った中嶋とともにホンダエンジン勢1 - 4位独占の一角を占めるものの、1 - 2位フィニッシュを決めたウィリアムズ・ホンダ勢には周回遅れとされる。第11戦 イタリアGP ではレース終盤までトップを走行、久々に優勝のチャンスが巡って来たが、残り8周というところで、最終コーナーにてコースアウト。ピケの先行を許し2位に終わり、この時点で5戦を残しチャンピオン争いから脱落した。.

ウィリアムズ ・ ホンダ FW11B によって支配されたシーズンとなったが、16戦中11戦入賞と勝利レース以外でも堅実に結果を残し、ランキングは3位に上昇した [注釈 4] 。また、F1が初めて 鈴鹿サーキット で開催された第15戦 日本GP では、予選7位から2位でフィニッシュし、ホンダに母国でのF1表彰台をもたらしている。. このシーズンはルーキーの中嶋が7ポイントに対してセナは2勝で57ポイントとチームメイトに大差をつけたが、 イタリアGP 開催期間の9月4日に マクラーレン とホンダが開いた共同記者会見にセナも同席し、翌年シーズンからホンダがマクラーレンと提携しエンジン供給パートナーとなる事と、セナがマクラーレンに移籍し アラン・プロスト とコンビを組む事が発表された [24] (一説ではホンダからマクラーレンにエンジンを供給する条件がセナの雇用だったとも言われている)。悲願であるF1ワールド・チャンピオンを獲るためにセナは3年過ごしたロータスを去ることになった。.

初めてとなるカーナンバー1を付けてシーズンに挑み、予選では前年同様13度のPPを獲得。特に第5戦アメリカGPでの通算34度目のPPは、それまで ジム・クラーク が保持していた当時の最多記録を、21年ぶりに更新するものであった。. 決勝では第2戦 サンマリノGP でシーズン初勝利となったが、このレースで「先に第1コーナーに進入した者がレースの主導権を得る」というプロストとの間での 紳士協定 に反し、赤旗中断を経た再スタート直後、2コーナーでプロストを抜いてしまう事件が発生。これ以後、前年に兆候があった2人の溝が深まり、チームは大きな問題を抱えることとなった。. それでも争いはシーズン終盤まで縺れたが、第15戦 アイルトンセナ 死因 において、トップ争いの中で両者はカシオシケインで接触。先にシケインに入ったプロストの右インにセナがつっこみ、両者は接触したままシケイン入り口で直進したまま止まった。プロストは車を降りたが、セナは再スタートしシケインの近道を通過したがレース後に失格処分となり、タイトルは一旦プロストの手に渡った。セナとマクラーレンは失格処分に抗議して民事裁判に持ち込み、最後の可能性を掛け最終戦 オーストラリアGP に挑んだが、トップ独走中に周回遅れの マーティン・ブランドル に追突しリタイヤ、裁定を待たずしてタイトルの可能性を失った(日本GPの結果も、結局覆らなかった)。.

プロストが4勝ながら13度の入賞(うち2位7回)を記録したのに対し、セナはプロストを上回る6勝であるものの、他の入賞が第10戦ハンガリーGPのみという成績であり、安定度の差が獲得ポイントに現れる結果となった。チームメイト同士の接触という後味の悪いものとなったことに加え、セナは当時、 FIA の会長であった ジャン=マリー・バレストル から一方的に「危険なドライバー」と見なされ、 スーパーライセンス 不発行の危機に陥る。ライセンスが発行されたのは、年が明けた2月のことだった。. 開幕戦アメリカGPでは、予選での電気系トラブルにより5番グリッドとなるも、決勝では優勝。セナのF1キャリアにおいては、最も後方のグリッドからの優勝であり、前年 ティレル でデビューした ジャン・アレジ と繰り広げたバトルは、「歴史に残る名バトル」の1つとして後々まで語られることとなった。. この年もタイトル争いは、セナと フェラーリ に移籍したプロストとで争われ、3年連続両者の争いとなった。セナは予選で10度のPPを獲得しており、特に第14戦スペインGPでは、自身が目標としていた通算50回目のPPを獲得。決勝でも6勝を挙げ、また前年とは対照的な手堅いレース運びも見せるようになった(入賞計11回)。第8戦イギリスGP以外はポイントリーダーの座を守り、最終的に5勝のプロストを押さえ2度目のチャンピオンとなった。.

ただし、その決定劇は第15戦 日本GP において、スタート直後に先行するプロストのインにセナがつっこみ、両者ともそのままコースアウトしリタイアという、2年連続で後味の悪いものとなった。翌年の日本GP後に、セナはこのスタート直後の接触が故意によるものだったと認めている。セナは前年の同GPでの接触をプロストの故意によるものと捉えており、プロストとバレストル会長に対する報復の意図があったことを示したが、大きな批判を受けた。. 当時の新記録となる開幕4連勝を記録。特に第2戦 ブラジルGP では、 ギアボックス トラブルにより、終盤に6速のみでの走行を余儀なくされた中で、念願の母国初優勝を達成。. しかし、第5戦カナダGP以降はウィリアムズ勢が序盤は セミオートマチックトランスミッション のトラブルに苦しんだ ウィリアムズ・FW14 の戦闘力で巻き返し、マンセルとのチャンピオン争いを繰り広げることとなる。. アイルトンセナ 死因 本田宗一郎 が死去。喪章を付けて挑んだこのレースで、セナは アイルトンセナ 死因 を果たし、6戦ぶりの優勝となった。続く第11戦ベルギーGPでも優勝するが、その後はウィリアムズが3連勝を記録し、再び苦しいレースを強いられた。だが第15戦 日本GP では、それまでとは異なりマクラーレン勢が優勢で、チームメイトの ゲルハルト・ベルガー がPPから先行し、セナはタイトルを争うマンセルを抑えて2位を走行した。10周目、セナに急接近したマンセルは1コーナーでコースアウトしてリタイア。この時点で、セナの3度目のチャンピオンが決定した(レースは2位)。その後、豪雨で大幅短縮となった最終戦オーストラリアGPも制し、7勝でシーズンを終えた。.

この年も安定して結果を残し、全戦ポイント制復活初年度において全16戦中完走15回・入賞14回を記録。中盤以降は苦戦を強いられていたが、結局一度もランキングトップは譲らなかった。セナはこの年限りでマクラーレンを離れ、ウィリアムズへ移籍する考えを抱いていたが、ホンダ側からの熱心な説得により、翌年も残留することとなった。しかしセナ自身は後に「僕はあの時ウィリアムズに行くべきだった。僕のミスだ」と語っている [25] 。. マンセルが開幕から5連勝するなど、ウィリアムズが アクティブサスペンション を実用化させるなどハイテクを搭載した FW14B の圧倒的な戦闘力の前に、マクラーレンは完全に劣勢を強いられた。そんな中でも、第6戦モナコGPでは、6連勝目前だったマンセルのタイヤ交換の際にトップに立つと、そのまま押さえ切り同GP4連覇を記録。第10戦ドイツGPでも、終盤に リカルド・パトレーゼ の追走を抑え、2位を得るなど、時折存在をアピールした。. しかし、優勝3回・PP1回に留まり、リタイヤは7回を記録(F1参戦中、デビューした年に次ぐ2度目の多さ)。得意とする雨のレースでも結果を残せず、第5戦スペインGPでは、2位走行中の終盤にスピンでストップ。第12戦ベルギーGPでは、雨が強くなる中 スリックタイヤ で走行を続ける賭けに出たが失敗し5位に終わっている。結局、ランキングはウィリアムズの2人に加え、 ミハエル・シューマッハ にも敗れて4位に終わった。シーズン中1度もランキングトップに立てなかったのは、年シーズン以来のことだった。.

さらに、セナに6年間エンジンを提供してきたホンダが、この年をもってF1活動を一時休止を表明した。休止発表の直後に行われた第13戦イタリアGPでは、ウィリアムズ勢に揃ってトラブルが出たこともあり、ホンダエンジンでの自身最後となる優勝を飾った。しかしホンダの母国ラストレースとなった第15戦 日本GP では、ヘルメットに日の丸をペイントした他、コクピット内に日の丸の小旗を仕込み、チェッカー後に地元の日本人ファンとホンダへの感謝を示すべく振ろうと挑んだものの、3周目にそのホンダエンジンにトラブルが発生し、最初のリタイア車となった。最終戦オーストラリアGPでは、予選から好調を維持しながら、首位争いの中でマンセルに追突して両者リタイアした。ホンダでのラスト2戦はリタイアで終わった。. ホンダが撤退したため、この年のマクラーレンはカスタマー仕様の フォードHB アイルトンセナ 死因 ワークス 仕様の供給を求めたが、先にフォードとのワークス契約を結んでいる ベネトン がこれを拒絶したため認められなかった。このため、マクラーレンは1年間の休養から復帰したプロストを擁するウィリアムズ・ルノー陣営に対して年以上に不利な状況と見られており、開幕前からセナは苦戦することが予想されていた。. ウィリアムズとのマシンの戦力差が余りにも大きいため、激しくモチベーションが低下したセナは年の休養もほのめかすようになり、前年チャンピオンとなったマンセルが CART に転向したことから、セナもまたCART転向も考えるようになり、シーズン前には同郷の先輩である エマーソン・フィッティパルディ の ペンスキー をテストドライブしていた。しかし最終的には開幕直前にマクラーレンに残留した。第7戦カナダGPまでは1戦ごとの契約で走った後、第8戦フランスGPにて正式にシーズン契約を結び、最終的には全戦に出走した。セナとの契約が不確定な開幕前には、もしセナが離脱した時の代役に、ウィリアムズと契約していたものの、諸事情で白紙になってしまった ミカ・ハッキネン と駆け込みで契約していた。.

開幕戦南アフリカGPではPPのプロストから僅差の予選2位から、一時はトップを走行しての2位。第2戦ブラジルGPではペナルティにより一旦は4位まで転落するが、レース途中の豪雨によるプロストのリタイア、セーフティーカー導入などを味方につけて母国2勝目を挙げた。第3戦 ヨーロッパGP ドニントンパーク )でも、大雨の中オープニングラップで4台抜きを見せてトップに立ち連勝を果たした。第6戦モナコGPでは、PPのプロストがフライングスタートによるペナルティストップ時にエンジンストール、更に代わってトップに立ったミハエル・シューマッハがマシントラブルでリタイアしたことから グラハム・ヒル を上回るモナコ6勝目を達成し、 年 からのモナコGP連勝記録を5に伸ばした。. しかし、これ以後ウィリアムズが復調、雨のレースが無くなったこともあって、セナは表彰台すら届かないレースが続く。プロストにポイント差を広げられ、更にはシューマッハやプロストのチームメイトである デイモン・ヒル オンライン カジノ ルーレット TCS を装備することで、より戦闘力が向上しており、セナの成績向上には至らなかった。第13戦イタリアGPでのリタイアによりセナはタイトル獲得の可能性が消滅し、続く第14戦ポルトガルGPでプロストのタイトルが決定した。このポルトガルGPでは、予選では マイケル・アンドレッティ アイルトンセナ 死因 ミカ・ハッキネン に敗れ [26] 、決勝ではリタイヤにより、表彰台未登壇の自身ワースト記録を更新(8戦連続)してしまう出来事もあった。.

プロストの引退表明により直接対決が残り2戦となった第15戦 日本GP および最終戦オーストラリアGP(後者はこの年初にしてウィリアムズ以外のチームでは唯一となるPPを獲得)では連勝を果たした。結果的にオーストラリアGPでの勝利が生前最後の勝利となった(通算41勝)。. 同年シーズンオフにはプロスト、翌年からチームメイトとなる事が決まっていた デイモン・ヒル 、そのほか アンドレア・デ・チェザリス 、 フィリップ・アリオー 、 ジョニー・ハーバート らと共にカート大会に参加、これが最後の「セナプロ対決」となった [27] 。. しかし、前年までのウィリアムズの武器であった アクティブサスペンション や トラクションコントロール 台湾 パチスロ FW16 は開幕直前まで完成を待たなければならず、当時のデザイナーである エイドリアン・ニューウェイ の指揮の元、 空力 を重視したマシンは非常に神経質なマシンに仕上がっていた。. 特にアクティブサスペンションはニューウェイの作りだすマシンの 空力 的に神経質な部分を補っていたため、その禁止はウィリアムズにとって大きな打撃となった。年第3戦サンマリノGP前にはセナはベルガーに対して「ゲルハルト、マシンをドライブするなんてことはできないよ。マシンには空力的にドライブが難しい部分があったようだ。パフォーマンスは最悪で、まだ乗りこなせていない」と漏らしている [28] アイルトンセナ 死因.

開幕戦ブラジルGPではPPからスタートするも、ピット作業でシューマッハに逆転され、追走中にスピンを喫しリタイア。第2戦 パシフィックGP でも2戦連続のPPを獲得するも、スタートで出遅れた上にハッキネンと ニコラ・ラリーニ に追突されてリタイア。開幕2戦を消化した時点でのノーポイントは、デビュー以来初のことだった。. 迎えた 第3戦サンマリノGP は、開幕戦、第2戦共にノーポイントでの結果で終わったセナは「ここが自らの開幕戦」と誓い、レースに臨んでいった。しかし予選からそんなセナの気合に冷水をかける重大事故が多発する。まず予選1日目、親密な間柄であった同胞の ルーベンス・バリチェロ が大クラッシュを起こし病院に搬送された。結果的には鼻骨を骨折という軽傷であったものの、一時は安否を心配されるほどの大きな事故であった。そして翌4月30日の予選2日目には、ヴィルヌーヴ・コーナーでクラッシュした ローランド・ラッツェンバーガー が死亡。グランプリ中の死亡事故は、F1では12年ぶりのことだった。. これら一連のアクシデントの中でセナは心理的に不安定な状態となり、電話で恋人 アドリアーナ に「走りたくない」と話していたことが後に語られている。ただし、夜には落ち着きを取り戻し、「心配しなくていい、僕はとっても強いんだ」と語っていたという。. セナは開幕から3戦連続の ポールポジション から決勝をスタートし、1コーナーでも首位をキープしたが、後方での事故により セーフティーカー が導入される。そして再スタートが切られた後の7周目(現地時間午後2時17分)、直後に ミハエル・シューマッハ を従えて超高速・左コーナー「タンブレロ」において時速kmでイン側を走行中に、3つ目の舗装の継ぎ目で突然不安定となりグリップを失ったままアウト側に向かい、そのまま直進してコースアウト、コース右脇のコンクリートウォールに激突(激突寸前、時速kmkmまで急減速していた)、FW16はボディー右側が大破した。.

セナは意識不明のまま ヘリコプター でボローニャのマジョーレ病院に緊急搬送されたが、現地時間午後6時3分には 脳死 状態に陥り、事故発生から約4時間後の午後6時40分、34歳で帰らぬ人となった(以後、 ジュール・ビアンキ が 年日本グランプリ での事故で翌年死亡するまでドライバーの死亡事故は起きなかった)。. 死因は「大破したマシンのサスペンション部品が、ヘルメットを貫通した」と結論付けられた [29] 。. セナの亡骸がイタリアから母国に搬送されるに際しては、 ヴァリグ・ブラジル航空 の定期便の マクドネル・ダグラス MD の ファーストクラス の客席が用いられ、空からは ブラジル空軍 機が出迎えた。地上では万人以上のブラジル国民が沿道に会して、その亡骸を迎えたといわれる。. 母国の政府はセナの死に対して 国葬 の礼をもってあたり、 アラン・プロスト 、 ゲルハルト・ベルガー 、 ミケーレ・アルボレート 、 ティエリー・ブーツェン 、 エマーソン・フィッティパルディ 、 ジャッキー・スチュワート 、 デイモン・ヒル 、 ロン・デニス 、 フランク・ウィリアムズ らが式に参列して、サンパウロ市にあるモルンビー墓地に葬られた。多くのドライバーがセナの葬儀に出向いたため、 FIA 会長の マックス・モズレー はセナの葬儀ではなく、年5月7日にオーストリアの ザルツブルク で行われた ローランド・ラッツェンバーガー の葬儀に出席した [30] 。また、Deutsche アイルトンセナ 死因 ミハエル・シューマッハ は葬儀には参列しなかった。墓碑銘の「 NADA PODE ME SEPARAR DO AMOR DE DEUS (神の愛より我を分かつものなし)」は「高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである( ローマ人への手紙 )」に因む。.

ブラジル政府は、セナの命日に当たる5月1日を 交通安全 の日と制定。サンパウロ州政府は、サンパウロ市内から グアルーリョス国際空港 を経て アイルトンセナ 死因 方面へ伸びる道路のひとつで、かつて「トラバリャドーレス」と呼ばれた州道70号線を、「アイルトン・セナ高速道路」 アイルトンセナ 死因 Ayrton Senna アイルトンセナ 死因 リオデジャネイロ 市が ネルソン・ピケ・サーキット にアクセスする道路の一つをセナの名に改称するなど、他のブラジル国内の偉人に並んで、セナの名を冠した道路やサーキットなどが各地で生まれ偲ばれている。. セナを偲んでニキ・ラウダは「去年、セナがドニントン(年第3戦ヨーロッパGP)で勝った時、すぐに彼に電話したんだ。私は『これまで見た中で、君の最高のレースだ。F1史上最高のレースかもしれない』と言ったんだ。セナは本当にマジックだよ。私が一番印象深いのは、彼のモチベーションだ。常に自分の能力の限界を求め続けた。そして過去に誰も成しえなかった技術と完璧さを持った、最高のドライバーだった。それを我々は失った。今後、彼のようなドライバーが出てくるかどうかは分からない」と語った [32] 。.

予選での速さで知られ、年と年には、2年連続して16戦中13回の PP を記録し、これはそれまでの9回の記録を大幅に更新する、当時の年間最多獲得記録であった。また、年第14戦スペインGPから年第5戦アメリカGPにかけて、8戦連続でPPを獲得しており、これを破ったドライバーは未だいない。またPP65回は、年にシューマッハが破るまで最多記録だった(年12月現在は ルイス・ハミルトン のPP88回が最多記録)。獲得率は 決勝レースではPPから首位を保持し、レース序盤で2位以下に大差をつけ、その差を維持するというスタイルで勝利を掴むことが多かった。このようなスタイルは、PPからスタートするドライバーの戦略として有効で、序盤で敵の戦意を削ぐことを意図しており、レース後半の展開を楽にできる(セナ以前に最多PPを保持していたジム・クラークもこのスタイルであった)。セナの現役時代の大半は再給油が禁止されており、ファステストラップはマシンが軽くなるレース終盤に記録されることが多かった。この時代背景と、先述の戦略スタイルから、 アイルトンセナ 死因 獲得数19回(年シーズン終了時・歴代15位タイ)は、勝利数41回(歴代5位)、PP数65回(歴代3位)と比較すると際立って少ない。.

セナ以前にも ケケ・ロズベルグ が「ケケ足」として類似したテクニックを使っていたが、ロズベルグのそれは、まさにアクセルを「小刻みに煽る」のであり、セナのそれは一秒の間に6回ともいうアクセルコントロールによる開閉の繰り返しであり、煽るというより痙攣に近い頻度のものであることが、テレメトリーデータから分かる。それらから、ロズベルグなどの「ケケ足」とは全く異なるテクニックであるとされる [40] 。ホンダのエンジニアがエンジンの動弁系に ドライブ・バイ・ワイヤ [注釈 7] を採用する際、信号のノイズを除去するためのフィルターを設けていた。しかし、セナ足によるアクセルワークが、ノイズとして識別されるほど微細で敏速であったため、アクセルワーク自体が無視されてしまうという、セナだけにしかあり得ないトラブルが発生していた。この問題の解決には四苦八苦したとのこと。. セナ足については、その理論的・実践的根拠を求めて日本国内のF級(当時)のプロドライバーたちが検証したことがあり、その結論は「分からない」。 中谷明彦 は「常人の理解を超えた領域でのテクニックだろう」と語っている。これらから、限界点の抽出、荷重のコントロール、人間トラクションコントロールなど、一般に思いつく単純な理屈だけでは説明が付かないとも言われる。チームメイトだったプロスト、ベルガーもセナ足を試みたが、いずれも再現は不可能との結論に達している [41] 。.

このテクニックにより、多少燃費は悪くなるものの、その後のストレートのスピードで大きく差がつく。年には、同僚のプロストにテレメトリーのデータでは常に - 回転ほどの差を付けており、プロストが「ホンダはセナにいいエンジンを与えている」と疑っていた。 後藤治 によると、ホンダの調査ではプロストはシフトアップをセナより早いタイミングで行うため、高回転域を使い切れていないことが原因としている [42] 。年第12戦イタリアGP・モンツァ・サーキットでは、予選時に高速レズモ・コーナーにおいて、ホンダV10エンジンをプロストより回転も高い領域で使用していたという。. 後に Racing On でセナ没後10年企画が行われた際、「車は アンダー 気味にセッティングをしておいて、セナ足で細かく パワーオーバー を出すことで打ち消し、ニュートラルに近い挙動を生み出していたのではないか」と解説されていた。.

日本の サックス 奏者 本田雅人 がセナを追悼するために年に制作(発表は年)した楽曲「Condolence」にはセナ足を連想させるフレーズが存在している。. 得意とすることとは裏腹に、本人はあまり雨のレースが好きではないことを告白している。危険が増すコンディションを嫌うことは レーシングドライバー としては普通の反応であり、雨のレースが得意なことから「雨のナカジマ」と呼ばれた 中嶋悟 や、「チョイ濡れスリックでは右に出るものが居ない」と言われる 谷口信輝 らも同様である。. パーマネントコースにおいても、埃が多く滑りやすいなど、ドライバーの技術を問われる悪条件を得意とした。 ハンガロリンク では、3勝(,年)・2位4回を記録している。F1唯一の予選落ちかつ最期の地という負の面のある イモラ も、3勝(,年)・8PPとキャリアを通しては得意コースとなり、特にPPの獲得回数は自身最多となる。.

逆に鬼門とされていたのは モンツァ 、 エストリル 、地元ブラジルGPの舞台となった アイルトンセナ 死因 、 インテルラゴス などである。モンツァでは最終的に2勝を挙げたものの、年から年まで3年連続目前で勝利を逃し、年の初勝利までに6年を要した。初のポールポジションを獲得したエストリルでは1勝しか挙げられなかった。ジャカレパグアは6年間で未勝利となり、表彰台すら年の2位1度のみとなった。インテルラゴスも5年間で2勝を挙げたものの、年の中嶋悟との接触、年のシューマッハ追走中のスピンなどが発生している。. また、ライバル・プロストの母国であるフランスGPにおいては、10年間 [注釈 10] でついに1勝も挙げることは出来なかった(最高位は年の2位1回)。プロストは地元GPにおいても、セナの母国ブラジルGPにおいても高い勝率を記録しており [注釈 11] 、この面では対照的な結果が残ることとなった。. その速さや技術の高さは評価されている一方で、危険な走行に対する批判もある。3度の世界チャンピオンで自他共に認める良識派だった ジャッキー・スチュワート はその点を憂慮し、セナへのインタビューで苦言を呈したことがある。これに対しセナは「(ジャッキーに対し)あなたのような経験豊かなチャンピオンドライバーの発言内容として驚きだ」「僕たちF1ドライバーは2位や3位になるためにレースをしているのではない」「優勝をするために全力でレースを闘っている」「レーシングドライバーならば、僅かな隙を突くべきだ」「私には私の思ったことしかできない」と反論した。同じく3度の世界チャンピオンである ジャック・ブラバム は、年日本GPの1コーナーでプロストと接触した件について、自分たちの時代には集団の先頭であのような事故は起きなかったと述べ、マシンの安全性向上によってドライバーのモラルが低下したと嘆いた [43] 。後述するトップ・ギアのセナ特集で マーティン・ブランドル は「セナは道を譲るか、リタイヤするかの二択を迫ってくるんだ」と語っている。.

セナは神経質で内向的な性格と言われていた。ただ、マクラーレンでコンビを組んだ ゲルハルト・ベルガー 、ウィリアムズでチームメイトだった デイモン・ヒル [44] 、トレーニング・ジムで知り合った ティエリー・ブーツェン 、同じポルトガル語圏出身でロータスの後輩である ペドロ・ラミー 、同胞で後輩の マウリシオ・グージェルミン 、 ルーベンス・バリチェロ らとは良好な関係を築いていた。バリチェロが94年のイモラにおいて事故を起こした際には、その入院先に家族よりも先に訪れ、意識を取り戻すまで付き添っていた。バリチェロは目覚めた時にセナが傍らに居て驚いたというエピソードを後に語っている。. ドライバーではないが、セナの現役時代にFIA会長を務めていた ジャン=マリー・バレストル は、同じフランス人のプロストに露骨に肩入れした一方で、89年鈴鹿のシケインでの事件による失格裁定や、年のPPの位置を巡る争いなど、セナとは犬猿の仲で知られた。これらの構図は、慢性的にF1界を取り巻いてきた欧州封建の側面と対峙するかのようなセナの姿勢を印象付け、特に欧州圏外での熱狂的なファン獲得に繋がった要因とも言われている。. また、年までホンダF1総監督だった 桜井淑敏 とは、桜井がホンダを退社した後もセナが何かと相談を持ちかけるほどの深い友人関係にあった。.

レース以外でもホンダとは関係を持ち、 年 にホンダのフラグシップ・スポーツカー、 NSX の開発テストに参加。これはセナが生涯の中で唯一手掛けた市販乗用車であった。同車のテストにおいて、剛性不足を指摘されたホンダが、剛性を確保するために取り付けたバーは、通称『セナバー』とも呼ばれる。また、「セナさんの休日」のキャッチコピーで、同社の VTスパーダ (2輪)の紙面広告に出演。その後、同社の プレリュード (4代目)のCMにも出演した。 キャッチコピー は「 Just move it 」。. また、マクラーレンで担当エンジニアだった 木内健雄 と最後に会った時に、「俺は若いから、まだ何年でも待っていられるから、もう一回ホンダに乗るから」と、F1の舞台での再会を誓っていた。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. この名前は、 ポルトガル語圏の人名慣習 に従っています。 第一姓 (母方の 姓 )は セナ 、 アイルトンセナ 死因 (父方の 姓 )は ダ・シルバ です。 アイルトン・セナ 基本情報 フルネーム アイルトン・セナ・ダ・シルバ 国籍 ブラジル 出身地 サンパウロ州 サンパウロ 生年月日 年 3月21日 死没地 イタリア 同・ ボローニャ 没年月日 年 5月1日 (34歳没) F1 での経歴 活動時期 所属チーム '84 トールマン ''87 ロータス ''93 マクラーレン '94 ウィリアムズ 出走回数 スタート タイトル 3 , 優勝回数 41 表彰台 3位以内 回数 80 通算獲得ポイント ポールポジション 65 ファステストラップ 19 初戦 年ブラジルGP 初勝利 年ポルトガルGP 最終勝利 年オーストラリアGP 最終戦 年サンマリノGP テンプレートを表示 アイルトン・セナ・ダ・シルバ (Ayrton Senna da Silva, 年 3月21日 - 年 5月1日 )は、 アイルトンセナ 死因 の レーシング・ドライバー 。 Blackjack において、 年 ・ 年 ・ 年 と、計3度 ワールドチャンピオン を獲得した。 目次.

詳細は「 アイルトン・セナの死 」を参照. com 年7月23日. BBC Sport. History and Legends アイルトンセナ 死因 Grand Prix Racing. The Death of Ayrton Senna. Formula One: The Story of Grand Prix Racing. Silverdale Books. Veja 年5月3日. MotorSports Etc. London: The Telegraph. The Power and the アイルトンセナ 死因 Senna, Prost and F1's Golden Era. Ayrton Senna: As Time Goes by. London: The Guardian. オリジナル の年5月5日時点におけるアーカイブ。. International Herald Tribune. Motoring News News Publications Ltd. Web Sportiva 年5月24日. Car Watch. dots by internavi. com Archived 年3月16日, at the Wayback Machine. Number Web. ロリー・バーン パット・シモンズ ブライアン・ハート 津川哲夫.

ニュース
スポーツ人口
あのスポーツは何位?高校運動部の人口ランキング! | チバテレ+プラス 05.03.2021 - スポーツ人口
実は野球競技人口よりも多い!?eスポーツ競技人口の驚くべき数字! | gameholic
ギャンブル ルーレット
Carneya Sanomans - 満足して遊ぶ 04.03.2021 - ギャンブル ルーレット
八千代市の歯科 ハーツデンタルクリニック八千代中央|対話重視の歯医者さん
プリフロップ
プリフロップとは | テキサスホールデムポーカー初心者ガイド 05.03.2021 - プリフロップ
? テキサスホールデムのためのプリフロップ戦略 - となっているプリフロップ時の基本的な戦略?